男の子・女の子産み分け方法!基礎知識・実践法

産み分けと男女比

産み分けと男女比

実際、産み分けは日本の医療業界の間でも非常にグレーで微妙な医療行為とみなされています。

 

その理由は、医師の立場では、男性と女性の間でどのように分娩を分けるべきかを倫理的に知っているにもかかわらず、私たちは教えられない、知識が少ないというジレンマを持っているからです。

 

このような自己規制が存在する理由は、それが人類の生存に関係する重要な問題であるということです。

 

当初、男性と女性の出生率は、自然界の男性と女性の105:100ですが、その結果、幼児期の男児の死亡率は高く、結果として成人期以降は100:100です。

 

言い換えれば、この男性と女性の比率のバランスを維持するための基本条件であり、部族を生き残るためには基本的条件であり、医者でさえ、医者でさえも、その規則を妨害することは倫理的です。許可されていません。

 

したがって、このような「産み分けの分断」に関しては、民間薬などが形式的になり、その結果、「アルカリ性食品を食べる時に少年と生まれやすい」などの迷信などの迷信のような状況それはまったくのものであり、疑わしい指導が行われています。

 

したがって、医療業界において、「女性の間で出生と死の分裂にのみ適用する」という独自のルールを確立した医師はごくわずかです。

 

自然法則で男性と女性の比率が1:1であることが理想的であれば、理想に近い状況ではなく、2人の子供に個別に性別を持たせたいカップルにとってはむしろ困難です。

 

例えば、「夫と妻が産み分けを検討します。長男が生まれたので、次に女の子が欲しい」ということは、自然の法則に反する行為ではなく、むしろ積極的にバランスをとることができるのではないかとも考えられています。