男の子・女の子産み分け方法!基礎知識・実践法

産み分けはいつから行われてきたのか

産み分けはいつから行われてきたのか

人間の長い歴史の大部分は、いわゆる「男性を基盤とする社会」であるにもかかわらず、男の子の誕生を強く望んでいるため、古代から生まれてくる赤ちゃんの性別はとても重要なことでした。

 

たとえば、ギリシャのアリストテレス時代から、男性と女性を分けることは人々の希望であり、ある意味では1/2の確率で賭けることであったため、さまざまな宗教や魔法の祈りなどが行われていたとされています。。

 

当然のことながら、このような状況では、多くの迷信が世界をめぐりましたが、結局現代初期には科学の力で繁殖方法を発見した人が現れました。

 

それは1960年に位相差顕微鏡を使用して、米国の生殖生理学者、Randlum B. Shuttles博士によって、2つの異なる形状(X精子およびY精子)の精子の発見から始まります。

 

シャトル博士の発明は、生きている精子で実際に確認できるものに深い意味を持ち、結果的にこれらの精子を実際に分けることによって、男の子と女の子の産み分けを可能としました。

 

しかしシャトルズ博士がこの方法を発表して以来、現代においては依然として問題であり、自然界の理論に反する行為として激しい非難を受けました。

 

特に、当初、キリスト教の教会はそれを「神を汚す行為」と主に反対していたが、シャトル博士の理論は最終的に米国全土に知られるようになり、さらにローマカトリック教会はその支持を表明した男の子と女の子の産み分けが人々に受け入れられるようになりました。

 

最後に強く反対したキリスト教まで、近代アメリカでは出産のための特別病院があり、さらにはスーパーなどで産み分けキットが売られていることも確認されています。